杉並区の地震被害は火災です

都総合防災訓練.jpg311倒壊建物2.jpgF04高画質.jpgP1000866.jpg

いつ首都直下地震が発生してもおかしくありません。

  「東京での大地震発生確率(※)は、30年以内に70%」だと
  国が発表したのが、平成16年。すでに9年が経過し、
  いつ首都直下地震が発生してもおかしくありません。
  そこで東京都の震災対策について報告します。
     (※)マグニチュード7級の地震


早坂東京都が昨年4月に発表した「首都直下の被害想定」によると、最悪の場合、死者1万人が発生するとされています。建物倒壊や家具転倒によるものが60%、火災によるものが40%です。東日本大震災は水死が90%でしたから、被害の様相は全く異なります。


早坂最悪の場合、死者600人にのぼるとされています。杉並区の特徴は、このうち「火災」によるものが75%だとされていることです。したがって、杉並区における首都直下地震対策は、火災対策だといって構いません。ちなみに区内すべての建物のうち、実に20%が全焼するともされています。


早坂阪神淡路大震災でも、東日本大震災でも、食料が足りず死亡した人はいませんでした。首都直下地震でも同様だと思います。つまり備蓄食料は、あくまで大震災から生き残った後、初めて必要になるものです。その前提を確認した上でいえば、3日分のものを用意しておくのが望ましいでしょう。しかし食料備蓄は、防災の本質ではありません。


早坂三つの段階に分けて、お話しします。
 まず最も本質的な対策は「防災まちづくり」です。火災が起きにくいよう、建物を不燃化・耐震化する。延焼を防ぐために、狭い道路を拡張する。例えば千代田区では、このような「防災まちづくり」がすでに完了しているため、避難場所は設けていません。延焼火災が発生しないため、避難の必要がないからです。
 しかし木造住宅密集地域を抱える杉並区において、防災まちづくりを進めるには、残念ながら今後数十年以上の時間が必要です。
MAP.jpg

早坂次に必要なのが「初期消火」です。地震が大きければ大きいほど、消防隊は助けに来てくれないという、最悪の状況を想定すべきです。なぜなら、同時多発の火災に対応できる消防力には限界があること。また建物倒壊などにより、道路が寸断されていることが予想されるからです。そこで住民自らが助け合い、消防団の皆さんと協力しあって、火災を小さなうちに消し止めることが求められます。


早坂火が天井にまわらないうちは、水に浸した毛布を火元に掛けるなどして、対応が可能です。しかし火を消すことに気を取られて、ご自身の安全を守ることを忘れてはなりません。ご近所の皆さんと一緒に、スタンドパイプなどを利用して、消火にあたるべきです。スタンドパイプとは、消防隊が使う消火栓に取り付けるだけで、高所まで水が届くという器具です。水道管自体に圧がかかっているため、3階建てまで水が届くのです。消火栓は杉並区では80メートル四方に1箇所以上設置されており、震災時の区内の断水率は25%とされていますので、多くの消火栓は使用可能だと思われます。スタンドパイプの使用方法は簡単とはいえ、事前に訓練をしておかなければ、とっさに使用することはできないでしょう。
スタンドパイプと消火栓.jpg


早坂延焼火災となった最後の段階では「避難」が必要です。関東大震災では2万坪の広大な空き地(本所被服廠跡)に4万人が避難しましたが、その95%(3万8000人)の方が焼死しました。避難者が持ち込んだ荷物に、火が燃え移ったからです。一般論としては「広大な空き地に避難すべき」ですが、避難経路や避難場所での安全確保など、さらに研究が必要なのはこの分野だと思います。

私は東京の「いのち」を守るため、
今後も全力で働きます。

トップページへトップページへ
プロフィールプロフィール
政治理念政治理念
都政報告都政報告
議会での発言議会での発言
公式youtubeへ公式youtubeへ
議会での発言議会での発言
公式youtubeへ公式youtubeへ
公式youtubeへ公式youtubeへ
リンクリンク
事務所案内事務所案内

100円募金100円募金


早坂よしひろの主張

Facebook
公式facebookへ公式facebookへ

東京オリンピック組織委員会
東京オリンピック招致2020東京オリンピック招致2020

東日本大震災復興支援のお願い
東日本大震災復興支援のお願い東日本大震災復興支援のお願い